dadalizerの映画雑文

観た映画の感想を書くためのツール。あくまで自分の情動をアウトプットするためのものであるため、読み手への配慮はなし。

疑問符だらけの映画

 土曜日に「ジュリーと恋と靴工場」を観てきたんですけど、タイトル以上のものは一切出てこないです、はい。

 疑問符だらけというのは、人物の行動や見せ方や衣装など演出全般が悉く「え、なんでそうなるんだ?」と観ている間中ノイズだらけになってしまったということ。単純に言えば退屈でした。ガッチャマン的な楽しみ方もできないような。

 ミュージカル映画なんて片手で数えられるくらいしか知らないので、実はちゃんとした手法に則っているのかもしれません。が、ミュージカルシーンですら単純に面白くないというのはさすがにいかがなものか。

 まず工場で女性社員が踊るわけですがカット割りすぎではなかろうか。「ラ・ラ・ラ・ンド」が実はいかに周到に色の配置をしていたのか、ということが相対的に浮かび上がってくるような、女性社員たちの衣装のちぐはぐさ。社員として近代化によるリストラの波濤へと立ち向かうというところで意思を同じくしているのですから、そういうのを一目見てわかるような衣装にすべきだったと思うんですよね。や、そのちぐはぐさに実は社員たちの団結力のなさや表層的で浮薄な絆でしかないということの暗喩であるのかも、と思って最後まで観ていましたが別段そんなこともなく。ていうか単純にダンスが・・・。その下手っぴぃさを笑うという類でもなさそうなんですよねぇ、だって。

 

ストライキしてたかと思えばなんか普通に梱包作業してるし、それを回収しにきたトラックマンたちとの半笑いでしか見れない押し引き(物理)。びっくりしたんですけど、花いちもんめみたいに向き合って並んだかと思えばそのままお互いに押し合うという。レイプのメタファーのような撮り方をしていたり、抑圧された女性像を描きたかったのかしれませんが、そここそミュージカルで音楽と踊りで見せないでどうするんですか。なんでそんなとこだけ夢の中の喧嘩みたいな珍妙な生々しさで描くのか。

 それに搾取側の社長の描き方も謎です。弱者から搾取して自分は私腹を肥やすというのであれば、敵対者として見ることもできるでしょうが、この社長、着用しているものすべてを中国産のものにすることでコストカットを図っているというのです。それってむしろ好印象でしょうよ。社員側はそれを知らないのでまだしも、観客にそんな場面を見せちゃったら対立関係描けんでしょう。まあ、社長は元からコメディリリーフなのでこれはそこまでアレなんですけど。

 あと肝心の主人公の行動がわからん。どうして最後にそうなるのか。

あと最初はチャリンコに載ってたと思うんだけど、なんか特に説明もなくいつの間にかバイクに乗っていたりするのもクエスチョンマーク。んなことどうでもいいんですけどね。単純に、映画が退屈なことに比べれば。

 社会問題という現実に即したもの映画の中で描きたいのなら、なおさらミュージカルシーンを飛び抜けたものにするべきだと思ふんですがね。

 

 こんなこと言うのも何様かと我ながら思いますが、あきらかに熱意もなければ工夫もない気がするのですよね。「ラ・ラ・ラ・ンド」のようにアイキャンディの詰まった色・音楽・踊り・恋・夢と陽気で(だけでもないんですが)独善的な世界を大胆に画面いっぱいに映し出したほどにはアイデアも熱意もなく、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のように胸が締め付けられるような苦痛の現実を徹底的に描き、そのカウンターとしてビョークの夢想を哀愁と喜びを見せてくれたほどの執念もなく、「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のようにフリークス(この映画の場合は弱者でしょうか)たちを生暖かく見つめる視線もない。

 端的に言って、いろんなものが足りていないように思えます。

 単純に、退屈な映画でした。

 

執事の仕事と三船の凄みとプレス

 「日の名残り」と「羅生門」を観賞。あとピカデリーに行ってきた。これだけ自由に動き回れるのも今月いっぱいなんで、ともかく映画を観ておきたいので消化が早くなってきたでごわす。

 

 「日の名残り」は監督も作品もまったく知らなかったんですけどアンソニー・ホプキンスが主演ということで観ました。うん、ホプキンスがずっと画面に出ずっぱりなのでホプキンス萌えな方にはオススメ。なんたって執事のホプキンスですからね。どうでもいいんですけど、この人「マスク・オブ・ゾロ」のとき意外はずっとおじいちゃんってイメージなんですけど、二十年前からすでにおじいちゃんだったというのが結構驚きではあります。最後の騎士王のときとそこまで変わってないんだけど、今作のホプキンス爺様。

 さて、そんなホプキンス爺様が仕事に誇りを持つ執事を演じているわけですが、戦争の時代を描いている割に画面的にはドンパチはない。カズオ・イシグロという日系イギリス人作家の小説が原作になっているんですが、第一次大戦と第二次大戦と戦後の年代を回想の中で行ったり来たりする構成になっていて、タイミング悪いところで目をそらすと少し混乱する作りになってたり。

 アカデミー賞8部門にノミネートされているらしいまあ納得。特に美術と衣装デザインに関しては。あれは実際の豪邸をそのまま使ったらしく、その上今では一般公開されているとか。ロケもそうですけど何よりホプキンス爺様のメガネがいいんですよねぇ。

 そんな爺様は仕事一筋なんですが、果たしてそれっていいことなのかしら? 執事とはただ雇い主に忠誠を誓い何事よりも仕事を優先する。たとえば、その主が間違ったことをしているとわかっていても。たとえば、実父が死んでも。

 とまあ、自我を排除して仕事に徹することで何かを失っているんじゃないかしら。ってこと。結婚すると言ったときのエマ・トンプソンの面倒くささって、たしかにかまちょと言ってしまえばそれまでだけれど、それはとりもなおさず彼との間に絆ができたことの証左でもあるわけで、「めんどくさい女だなー」とは言えない。この辺で、唯一ホプキンス爺様が露骨に感情を顕にするんですよね、ワイン落としちゃって「damn!」って。

 あとクリストファー・リーヴが出てた。新聞記者のくだりはクラーク・ケントネタかなーとちょっと笑った。

  地味に好きな映画かもこれ。

 

 さてさて羅生門。てっきり髪の毛の方かと思ったんですがなんかまったく知らない話だった。と思って調べたら芥川から「藪の中」も持ってきていたらしい。あれか、「魔王 juvenile remix」みたいな感じか。こっちは読んだことくてまったく気付かなかったんですが、後から青空文庫で読みましたです。ええ、短いしタダだし。科白に置き換えられたことでかなり印象が違う。特に多襄丸。三船敏郎のせいで完全にやばいやつになってますがな。

 しかしこれ、原作を知らない方が楽しめる気がする。全員が全員、迫真で真実(彼ら自身にとっての)を口にするものだから、誰が一体正しいのかわからないし、だれもが正しいとも思えてくるわどれもが疑わしくも思えてくる。そういう意味じゃ、人間の醜さを全面的に描いているだけじゃなく、ある種のミステリーっぽくも見える。

 とはいえ、かなりアレンジが加えられているし、ラストの方や原作にはなかった「実は…」という展開も実に皮肉が効いていてよろしい。白黒映画ということもあって影と光が映えるのも、普段はカラーで見ている分余計に強く感じる。草葉の影と陽の光で三船敏郎の顔が陰陽のようになっているのとかすごいかっこいい。もちろん、三船の顔面力ありきなんだけど。というか、あらためて三船の唯一無二性に気づかされた。この人眼力もそうなんだけど、瞬き全然しないんだよなー。それが余計、ヤバさに直結している。すごい純粋さと粗野な部分を持っていて、七人の侍の菊千代の片鱗がここですでに見えている。

 あとカメラワークも独特。今まではっきりとカメラワークでほかと違う感じのことをしているっていうのがわかったのは小津なんだけど、黒澤もあんまりほかでは見ないような撮り方をしている気がする。手前に人物の背中を配置しながら奥の方の人物に喋らせて、横にパンさせながらまた戻ってみたいな。

 しかし最後の最後の志村喬の表情とか、あれってやっぱり悪意なんだろうか。とか色々と考えてしまう。ぶっちゃけ、三人が嘘をつこうとして嘘をついているのかっていうのは、実は怪しいところだったりするんですけどね。いや、作品的には意図的に嘘をついているんですけど、ただ人間の脳は本当に思い出を美化していたり都合よく書き換えているということが実証されているので、その科学的な本質を文学的側面から暴いてしまっているという意味で「怪しい」ってことなんですけど。

 それとウィキの公開と制作の箇所が読んでていてすごい面白かった。まったく無関係のベトナム人が授賞式に出るってどういうことよ。あとまんま羅生門な映画会社の人間の話とか。

 というか、そんな難解な映画かしらこれ。むしろストレートにわかりやすいと思うんですけどねー。

 人の醜さを包み隠さず寓話として語ってるので、やや過剰な演技ではありますね。昔の日本映画って割とカリカチュアライズされているので某日系人は嫌いな演技なのかもしれませんね。

  

 

あと明後日公開のジェリーと恋と靴工場のプレスもらってきました。もらってきました、なんて書くとタダで配ってるように聞こえますが非売品ということらしいので劇場に行ってももらえないらしい。プレスっていうか厚みとか普通にパンフっぽいんですけど、明後日になれば普通に劇場で販売するんじゃないのかしら。違うのかな。

f:id:optimusjazz:20170921180015j:plain

 

アラビアの異常な愛情

 「アラビアのロレンス」の4kレストアと「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」の録画を消化。

 「アラビア~」は吹き替えで見たんですが、演者もそうですが吹き替えメンツも豪華で(おそらく)洋画劇場最後の世代である自分にとってはもう辛抱たまらんですよね。ていうか吹き替え3バージョンくらいあるっぽいですね、これ。BS朝日で観たのですがウィッキーさんによるとテレビ東京版の吹き替えなのは、ディスクにもこっちが収録されているんでしょうかね。テレビ朝日版の吹き替えもあるし。今は亡き永井一郎滝口順平、そして主人公のロレンスには言わずと知れた山寺宏一。個人的にツボだったのがおマーシャリフを吹き替えた磯部勉。ちょっとロレンスとのブロマンスっぽい部分があるんですが山寺×磯部ってなかなか新鮮じゃありませんか。

  4kって具体的にどういうことなのかよくわからんのですが、レストアということ自体がそもそも「リマスター」の過程の一つらしく、フィルムの傷やら汚れやらゴミやらつなぎ目やら退色やらを1コマずつ修復することだそうな。なんか、気が遠くなる作業のような気がするんですが。「アラビア~」なんて227分ですからね。

 しかしそのおかげでまったく普通に観れるのがすごい。過去の作品って割とノイズが入っていたりするのもありますから、細部がわかるというのは普通にありがたいですな。そういえば去年だった今年だったか「七人の侍」のリマスターが上映されていたっけ。ぶっちゃけBSで見たやつは結構荒かったのでリマスターで観たいなぁ。

所々で原語のままだったのは完全版の吹き替えは収録してなかったってことなのかな。

 という枝葉末節(ってわけでもないんだけど)はともかく幹の部分に関して。

 撮影が良い。広大な風景の中に人物を配置するロングショットとか、地平線と人物の位置どりとか、最近だとインターステラーとかプロメテウスくらい派手なロケーション撮影じゃないかしら。デヴィッド・リーンの「戦場にかける橋」ではそこまで意識してなかったんだけど。

 勝手なイメージで痛快無比の冒険活劇的なものだと思っていたんですが、もっと全然ダークなお話だった。ダークっていうのもアレですが。そもそも、そのイメージというのもインディージョーンズとハムナプトラによるものなんですが。

 主人公の死から映画が始まるという、ある意味で末路をさきに見せている映画があったなーと思ったらジョン・ヒューストン監督ショーン・コネリー主演の「王になろうとした男」だった。

 ロレンスは実際の人をモデルにしたらしいのですが所々違うっぽい。階級とか。しかしあれだけのビッグバジェットでハッピーエンドじゃないって中々ないのではなかろうか。どうせなら劇場で観たかったかなーこれは。

 

 という散発的な感想。ということでキューブリック

 キューブリックは「2001年~」だけは観ていたんですけどねー途中で寝落ちしかけたんですよねー。最後の方とかよくわからなかったし。キューブリックが脚本にあったナレーション(?)を削ったということらしい。嫌味なヤローです。

 単純に話としてはこちらの方が好きかなー「2001年~」より。あっちより単純でわかりやすいし笑えるし。笑えるっていっても、あまりに滑稽で寒々しい上にキューバ危機のifでもあるのでぶっちゃけ笑えなくもあるんですが。やることなすこと全てが後手後手。手を打つもそれが最終的に破滅のきっかけになるのとかねぇ。

 あとストレンジラヴ博士の動きがそれっぽくて好印象。タイトルになっているくせにストレンジラヴの登場時間が短い。というのはどうでもいいのですが、同じ作品内で完全に別の人物を同一の役者に演じさせた理由はなんなんだろうか。と思って調べたらコロンビア側の要請だったらしい。

 

 

録画の消化

 消化といいつつ「マッドマックス/サンダードーム」と「プラトーン」と「あん」という。胃もたれするわ。 

 サンダードームはマッドマックスシリーズの中では評価が低いっぽいですが、そんなに悪くないと思いますですよ。サンダードームはそこまで重要じゃないですけれんどもね。

 プラトーンは凄かったねー。バーンズが村人を射殺するところとか思わず声を出してしまった。なんというか、あんな戦場でさえも(あんな戦場だからこそなのか?)足の引っ張り合いというか統制が取れないものなのだなぁと思った次第です。ウィレム・デフォーフォレスト・ウィテカーが若い。若いんだけど、ウィてカーは顔変わらんですな。

 で、「あん」。正直これが一番良かった、個人的には。河瀬直美監督を知ったのはドゥニ・ヴェルヌーヴとの対談だったかな。カンヌか何かにって感じだったかしら。

 ドキュメンタリーちっくな撮り方とか、淡い画面作りとか映えています。ライティングってこれ自然光だけで証明使っていないとかなのかしら。

 映像的な表現もしっかりしていて、樹木希林永瀬正敏がどら焼きを作っているときと永瀬正敏が一人で作っているときの汗の量で、どれだけの熱量なのかということが一発でわかる。

 見るからに浅慮な甥っ子が出てくるところとか、人間関係とかいう理由も腹立つしねー。それはともかく樹木希林ね。樹木希林の演技力はあらためてすごいですわ。仕事をやっている最中と辞めたあとの様子の違いとかね。

 明らかに病んでる感じがするなーと思っていたら本当に死んじゃうし・・・。

でも全部良かったどす。

 

ジャッキー映画

 名前は知ってるけど実際に映画館で彼の主演映画を見たことがあるという人はあんまりいないんじゃなかろうか。今じゃ夜のロードショーもほとんどやらなくなってしまったし、ジャッキーって誰だよって子どもも出てくるんだろうなぁ。

 そんなわたしもジャッキー映画リアタイ体験はこれが初だったりする。で、どうだったかっていうと、まー正直退屈でしたね、うん。

 眠かったというのもあるんですが、中盤まるまる寝落ちしてしまった。うん、これちょっと悔やまれる。今まで寝落ちしてしまった映画は「ジュピター」と「ジェイソン・ボーン」だけなんですが、ついに三つ目が。カネ払ってるからよほどつまらないかぎりは寝たりしないんですけどねぇ・・・「ジェイソン・ボーン」に関してはカメラが揺れすぎてあまりに気持ち悪くなってしまって目をつむってたら眠ってしまったというアレな理由があるんですが。

 なんていうか、話はまあコメディ寄りとはいえあまりに前時代的なノリですし、監督なのかジャッキーの衰えなのかセットの都合なのかわかりませんが、カット割りすぎかなぁ。全盛期のジャッキーだったらそこカットしないだろうなぁというのはどうしても見ていて思ってしまった。ぶっちゃけロシア組の女性と香港のマフィア?の女性のほうがキレがありました。クライマックスの港の建物を使ったアクションは好きなのでああいうのをもっとやってほしかったなぁ。せっかく電車に乗ってるのに本当に移動する以外で何もしませんからね。いや、もしかしたら寝てる間になんかやってたのか?

 まあでも吹き替えメインが石丸博也堀内賢雄だったので、それだけである種満足したというか。ぶっちゃけシュワ映画とジャッキー映画はどう考えても吹き替えで見る意外の選択肢はないしね。

 ジャッキーもチャウシンチーにバトンタッチなのかしら、そろそろ。アクション面でもトム・クルーズが完全に追い抜いてますし。怪我してるので早く復帰してほしいどす、トム。

散歩する侵略者

 えーなにげに黒沢清映画を劇場で体験するのは初なのですが、思った以上に大衆エンタメ路線で驚きました。とかいいつつ随所に黒沢清らしい気持ち悪さが見られるんですが。あと日テレ資本入ってるんですね、これ。

 

 ちょっと意外だったのは休日の昼前という時間帯なのに年齢層が高めだったことかしら。もうちょっと若い人が入ってると思ったんですけど、立地的な問題とかあるんだろうか。ていうか三連休最終日だからだろうか。みんな大好きな「愛」のお話なんですけどねー(笑)

 原作は劇団「イキウメ」率いる前川知大の舞台・小説ということらしいのですが、どちらもノータッチ。小説はせっかくだし読んでみたいんだけど、舞台ってどうにも見方がわからんのですよねぇ。

 大筋の話は「地球が静止する日」とか「寄生獣」にも似ている気がする。いやまあ「盗まれた街」とかほかにも乗っ取り系路線の映画もあるんだろうけど。あれらほど絵的なダイナミックさやグロ描写はないけど。とかいいつつ冒頭のタイトルが出るまでの一連のシーン(最高)は普通にグロなんだけど。あそこの、ていうか宇宙人が歩くテーマ曲(勝手に命名)がちょっと抜けてる感じなのがいいんですよねー。なのに背後では事故が起こっているのとか。

 何がいいってロードバディムービーとして最高なのよねーこれ。日常側に松田翔太宇宙人が現れ、一方で長谷川博己ジャーナリストと宇宙人二人のほうで話が進んでいくんですが、後者の方のやりとりがすんごいいいの。役者も全員いい。演技もそうなんだけど、特に宇宙人を演じる三人、とりわけ松田翔太高杉真宙の顔とか佇まいのちょっと浮世離れした感じ。恒松祐里も肉体を生かしたアクションとか冒頭の散歩のテーマで笑顔で歩いてくるのとかいいですねー。

 個人的には満島真之介も別タイプの宇宙人に見えたりする。ていうかあの人ってちょっとサイコっぽいよなー。とか思ってたら東出昌大も出てるし。この人もこの人で裏で何かやってそうな感じがあったりするんですが。

 んー、ともかく自分は長谷川博己ラインの話が本当にツボってしまって、彼の最期とかどっちなのかなーと思っていたんですけど、インタビューを読んでいると長谷川博己さんは「明け渡した」という解釈で演じていた感じなのかしら。

 ワンカットが長めの映画なんで役者も大変だったでしょうが、ともかく面白い映画でしたよい。

 証明の落とし方がどうーとか、相変わらず格子状の枠にガラスをはめたものとかカーテンがどうとか、謎のジャンプカットとか、なんてことのない場面をホラー演出したりとか、なんか普通に笑ってしまうところとか、まあ細かい部分を挙げたら枚挙に暇がない。

 大学の授業で初めて黒沢清「叫」を観たときは正直「うーんなんだこれ?」っていう感じではあったんですけど、それに比べると今回のはかなーりわかりやすい作りだすな。

パンフは900円とややお高めではありますが、ページ数的に仕方ないかな。インタビュー中心だったのですが、もうちょっとロケの写真とかセットの部屋とかカラーで大きく乗ってると良かったかもだぜ(謎なっち)

 

余談ですがこのあとスキップトレースも観に行く予定

福山ダディ

やっぱ是枝監督の演出はすんごいわ。

土曜プレミアで「そして父になる」がやっていたので観た。まあ散々語り尽くされているので今さら需要はないが、やっぱり自分の中でまとめておかねばいかんでしょう。

一番最初に是枝作品に触れたのはたしか小さい頃に見た「誰も知らない」だったかな。柳楽くんのアレ。あれも結構ショッキングな内容で、折に触れて思い出すことがあったなー程度だったんですが、去年「海よりもまだ深く」の公開に合わせて同じく土曜プレミアでやった「海街diary」で「すげーな」と思ったあたりからちゃんと意識しだした感じかなぁ、この人。

何がすごいって、お話的にはスペクタクルが皆無なのに興味は持続するし画面に釘付けになるところなんですよね。

子どもが画面にいるときは必ずカメラの位置が子ども目線なのとか(物語の視点としては福山なんだけど、視線がね)、リリーフランキー演じる斉木夫妻の俗物で卑俗的なんだけど愛情がしっかりあるのとかね、全員でランチを食っているときに撃たれたフリをするんですけど、リリーたちだけガチ演技で付き合っていたりね。

そういうちょっとした所作、視線、といった部分から子どもとの関係性を浮き彫りにして、車や家など視覚的に経済格差を表現していたりと実に映画的。

 

お泊りの翌日の家のライティングの暗さとか、電車もそうだけどあんなに暗くすることないだろうに(笑)

初めてのお泊りのときの、野々宮の方の実の親子なのにどうしようもない他人感があったりとかねーすごい。

「ほんとに優しいんだなケイタは(静かな怒り)」の福山の声とかもイイね。

「君はいい子」でもそうだったけど、尾野真千子のちょっと寄る辺ない佇まいもすんごいの。呉美保監督はこの尾野真千子見て決めたにちがいない。

リリーフランキーは言わずもがな、真木よう子も子役もすみずみまでよろしい。

 

ババママと呼ぶことがミッションであるという残酷さとか、憎むべき相手の家族に可能性を垣間見せるのもなんかこう、いい意味で胸につっかえる。

あと最後の方の、道。やや低い道から最終的に同じ高さの道に福山が戻って抱きしめ合うのとかねーすんごいイイネ。

紆余曲折あったけれど、最後は一つ屋根の下に収まる。その優しい結末を迎えたままエンドクレジット。

題材もさることながら、確かな腕を持つ是枝監督。

でも観たい映画溜まってるから「三度目の殺人」は後回しになるかも。