dadalizerの映画雑文

観た映画の感想を書くためのツール。あくまで自分の情動をアウトプットするためのものであるため、読み手への配慮はなし。

洋画

映し撮るという行為

ゾンビ映画。 この言葉が人々にポップな印象を与え、軽さすら匂わせるようになったのはいつからだろうか。言うまでもなく、その言葉の根っこにいるのは間違いなくジョージ・A・ロメロであることに異論はないだろう。 しかし、キッチュさや作りやすさから粗製…

合衆国の敵

トニースコットの「エネミー・オブ・アメリカ」が予想より面白かった。 いや、なんというかともかくかっこいいんですな。 オープニングのちゃかちゃかしたモンタージュとか、劇中ひっきりなしに行われる追跡劇も、盗聴や衛生からの情報をやりとりして主人公…

奇形者(フリーク)の悲恋の物語としてのオリジナルキングコング

長野から帰宅して録画していた「キングコング」を観ましたですよ。 テレビで観ているとアス比の違いが露骨で、画面両サイドの黒い長方形のスペースに対して「テレ東だったらここに番組の広告入れるんだろうなぁ」なんて思ったり、まあ過去の作品を観ていると…

リバイバル上映とかプロミスとか

「インターステラー」のリバイバルがやっていたので観に行ったり「チョコレートドーナツ」を観たり、今日は「THE PROMISE~君への誓い~」を観に行ったり、録画してた「ヴァージン・スーサイズ」を観たりしてました。 「インターステラー」も「チョコレート…

サスペリアとか色々

週末観賞映画録の続き。 1.「こころに剣士を」 実話ベースの話。どこまでが実話なのか知りませんが、映画にするほどの内容でもないし、脚色に失敗しているのが素人目にもわかる。 有り体に言ってしまえば退屈、だと思います。女教師のくだりを全部削ってフェ…

私は嫌な思いしてるから

「愛の渇き」が面白すぎて「黙って抱いて」の印象が薄れてしまった。 連続で見ていると、どうしても印象の強い方が弱い方を消しにかかってしまっていけない。いや、「黙って抱いて」も全然面白いんですよ。ただ、「愛の渇き」の浅丘ルリ子が強烈すぎて。 そ…

ダムの守護者

ちょっとした機会があって「the dam keeper」っていう短編アニメを観たので感想を。 2015年のアカデミー賞で短編アニメーション部門にノミネートされたものなので、知っているかたは知っていると思う。 あと、どういう経緯かよくわからんのですがNHKでこれを…

週末録画録

コッポラの「ドラキュラ」 ファンタジーとしてよくできていて、衣装とか特撮とかセットとか、そういうのを観ているだけでも楽しめてしまう。なんというか、この映画に限って言えばリドリー・スコット+ティム・バートンというか。 「ブレードランナー」「グラ…

人間というコンプレックス

主演がフランシス・マクドーマンドってことで、「ダークサイドムーン」以来のファン(ってほどでもないけど)であるわたしは足早に劇場に向かいました。 「ダークサイドムーン」で政府高官で強い女を演じ、その後に観た「プロミスト・ランド」でゴリラことマッ…

戦争という個人体験

「二十四時間の情事」を観ていて思ったのは、戦争というものは実のところ極めて個人的な体験でしか語りえないのではないか、ということである。 冒頭の10分ほどがほとんど原爆関連の資料映像らしきものが延々と映し出され(合間に情事のカットが挟まれたりは…

壊れるも情、壊すも情

なにこれ超面白い。市川崑の中では今のところ一番好きかも。 というか、大概の人はそうではなかろうか。 それを示すように、事後認識ではあるもののの監督自らドラマ枠で作り直しているし、一昨年もバカリズムの脚本で同作のリメイクドラマを作っていたらし…

見たものまとめ

「バグジー」 ベンジャミン・シーゲルという実在したギャングの実話をもとにしたフィクション映画。カジノ天国であるラスベガスを作った大きな要因がこの人にあるということをこの映画で知ったのですが、まあ楽しい映画でした。 例のごとくBS系列だったので4…

そんな映画で大丈夫か?

(傑作とは決して言い難いし率先しておすすめする映画ではないが)「大丈夫だ、問題ない」 マシュー・マコノヒーが完全にエルシャダイのルシフェルだったし、多分映画を見た多くの人がそう思ったことでしょうな。 わざわざ記事を一本作るだけのモチベーション…

2回目行ってきた

いろいろあって「デトロイト」の二回目を観に行ってきた。 2回目を観に行ってきて気づいたことがあったので。 1回目は感情を揺さぶられすぎて、感想をまとめるにあたって情緒の面にばかり気が行き過ぎてしまったのですが、2回目ということもあってある程…

デトロイト

劇場 で落涙したのは「この世界の片隅に」を観たとき以来だろうか。 涙腺の脆い自分は映画を観ていても結構な頻度で目に涙をためることはあるのですが(リベンジのオプティマスが爆発したときでさえジワっとくる)、涙が頬伝うほどいっぱいになることはそんな…

ライアン・ゴズる

「ネオン・デーモン」の監督であるレフンの作品ということで「ドライブ」っつー映画を観たどす。勝手知ったるような言い方ですが、レフンについては何も知らないんですよね。ただ、「ネオン・デーモンって映画面白そうだなー監督はレフンって言うんだー」と…

人面疽

「バスケットケース」 ヘネンロッターの名前は耳にする割に作品についてはほとんど知らなかったなぁ、と思いつつ鑑賞。完全に人面疽な映画でしたが、なかなかどうして愛嬌のある(?)映画でした。 まあ見た瞬間に「これカルト映画の類だろうなぁ」と思ったので…

観た映画まとめ

アそんなわけで録画の消化(って言葉はあまり好きではないのだけれど) 1.「ニュースの天才」 ニュー・リパブリックという雑誌の記者が捏造した記事に関する実際の事件をもとにした映画。アナキンことヘイデンが主役ということで一応観ましたです。 割と演出が…

BSイーストウッド無双

ということでここ最近BSジャパンでイーストウッドが監督した映画がずっとやっているのですが、一番見たかった「グラントリノ」が録画に失敗してやがった。BSプレミアムの方も年間を通して観ていると割とローテが決まっているということに気づき始めたりして…

さーいしょかーらこうなるこーとがわかってーたーみーたいーにー

サム・ライミってこういう映画撮るんだなぁ・・・。 ライミといえば「スパイダーマン」か「死霊のはらわた」どちらか、というのが世代ごとの印象として強いと思うのですが、どっちに親しんでいるにせよ「シンプル・プラン」はライミの作品と言われてもパッと…

トランプ、ピカソに夢中だってよ

「ダレン・シャン」「モネ・ゲーム」「コラテラル」の三連続。 「ダレン・シャン」は妙に退屈な映画でした。 原作は友人がやたらと「ホッケーのスティックで膝バーンってやると膝が飛び出るんだよ!」という前後の場面がよくわからないシーンをやたらと面白…

快楽主義者

ベルセルクの元ネタの一つなんかで、映画ファン意外にも割と知名度のある「ヘル・レイザー」。リメイクが発表されて5年が経ちそうなわけですが、ハーヴェイ・ワインスタインの弟であるプロデューサーのボブ・ワインスタインにもセクハラ疑惑が浮上していたり…

奇妙な三人組

なんか時折見せる「狂(おか)しい」感じがジャック・ニコルソンぽいなーなんて思っていたら、なんと本当にジャック・ニコルソンだった。今と体型違うし「シャイニング」の七年前とはいえ、あちらほど狂気を放ってはいなかったから気がつかなかったです。「チ…

ベイの爆発で岸恵子が吹っ飛ぶ

川端康成の「雪国」の最初の映画化である57年の「雪国」を観て、作品の内容に反してかなり落ち着いた雰囲気になっているなーとか岸恵子に萌えたりとか色々と感想はあったんですが、「雪国」を観たのその直後に「最後の騎士王」の特典メイキングを見たばっか…

ゼメキッソスと逆の立場

前から気になっていた「コンタクト」をようやく見た。 「メッセージ」のときも「インターステラー」のときも名前に上がっていて、見よう見ようと思ってはいたのですが2018年になってようやく見れたどす。 試写会の前日に突然嘔吐してしまってからこっち、あ…

英製マイケル・ベイ

というほど支離滅裂だったりごちゃごちゃしているわけではないんですが、露悪的サービス精神とか「派手にいこうZE!」なノリが結構似ているような気がするのはわたしだけでしょうか。アメリカという国を批判するような内容を盛り込んでいたり(ペイン&ゲイン…

○○で見た

という経験が多々ある。 「遠すぎた橋」を観て「この映画ってかなりサンプリングされてんじゃないの」と思わず笑ってしまった。 パッと見ただけでわかったのはエヴァが丸々同じアングルでビークルを並べてたりとか、ほかにも明らかにこれ引用元だろうと思う…

ザ・普通の映画

しかも機を逸しているという始末。 そんなわけで、十中八九今年の見納め映画となるである作品があまりパッとしないブレット・ラトナー監督の「天使のくれた時間」でした。クリスマス映画なのにクリスマスを過ぎた後に見るという体たらく。いやまあ、普通の人…

フィラデルフィア物語と青い山脈

別に関連性があるというわけではなく、単に連続で見たからという理由で二つセットで1つの記事にしました。 一つ目の「フィラデルフィア物語」ですが、実際に観るまで作品名も監督についても全く知らないまっさらの状態でした。ていうか、基本的にそういうス…

ティム・バートンと書いて愛い奴と読む

前々から思ってはいたんですけど、バートンはやっぱり「オタク」という言葉がしっくりくる気がする。向こうにも似た言葉として「ナード」や「ギーク」といった言葉があるのは知っているけれど、やはりそのメンタリティは正しく「オタク」であるのだと、「シ…