読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メッセージを観てきた

第二回の投稿が『メッセージ』っていうのもよう分からんチョイスではあるんですが、まあ観てきたので感想を書き留めておこうと思ふ。朝一なのに(朝一だからか?)結構人が入っていましたし、二十代から七十代くらいの人まで幅広い年齢層の人がいました。

あ、普通にネタバレしていきますので、あしからず。

 

ヴェルヌーヴ監督の作品は『プリズナーズ』しか観ていなかったんですが、各所で話題になっていたので気になってイオンシネマ行ってきました。ポイント狙いな守銭奴な自分としては、なんでユナイテッドシネマでやらんのか本当分からん。そのくせ『君のまなざし』とかいう某宗教団体の『君の名は。』に乗っかったカルト映画はやるんですからねぇ…。まあそんな小言は置いておいて感想書きますか。

あらすじとかは面倒なんで省きます(爆)。ちゃんとしたフォーマットを設けていくつもりはないですし(点数とかそういうのね)。ていうかいらんでしょ、どうせ劇場に行けば分かるし、このブログが読めるってことはウェブに繋がってるってことなんだから別のタブでも開いて自分で調べろって話ですよ。

 

とりあえず簡単にまとめると面白かったです、はい。パンフレットの内容も、手帳サイズながら監督ほか役者含めたスタッフへのインタビューや評論家・ライター諸氏の解説なども入っていて充実していたので色々と理解の手助けになりました。まあ、最後までしっかり観ていれば内容そのものが分からないってことはないんですが、前情報なしで観ていくと途中で「え?」ってなりそうではありますよね。

なんたって映画の冒頭で劇中では到達しないルイーズ(エイミーアダムス演)の子どもの死までが描かれるのに、ルイーズがヘプ太=ポットくん(のび太くんみたいだな)の言語を学び彼らの時間認識の感覚を会得するまでルイーズに子どもがいる・いた描写なんてない。しかもイアン(ジェレミーレナー演)との会話の中で未婚であることが明かされるわけですが、そうなると「冒頭のルイーズの子どもの描写はなんだよ」って話になってくるわけですね。で、それこそがこの映画の話の重要なファクターの一つでもある「直線的でない時間」ということに繋がってくるわけですね。「直線的でない時間」というのは、要するに過去も未来も現在も等しく同時に認識するってこと(ぶっちゃけ人間がこういう認識を持つことって無理だと思うんですが、まあこの点に関しては後述しましょう)で、ヘプ太くんはそうやって時間というものを認識しています。簡単に言うと全裸の青いおっさんことドクターマンハッタンですね。彼のように超越的な力はない(少なくとも劇中でドクターマンハッタンのようなぶっ飛んだことはしない)んですが、ヘプ太は彼と同じ時間感覚を持っているわけです。で、もう一つキモとなるのが、その感覚を会得してしまうルイーズという人間の物語。ていうか、むしろこっちがメイン。

すっごい雑にまとめてしまうと、「ヘプタポットと同じ時間認識を獲得し、残酷な未来が待ち受けていると知ったとき、(ルイーズという)人間はどうするのか」って話だと思いますです。それとは別に人と人のコミュニケーションという点でも語れるとは思うのですが、自分は、というか監督も言っていますがルイーズの物語であるわけですし。

どうしてオーバーテクノロジーを持ったヘプタポットが人類に接触してくるのかというと、3000年後に地球人の助けが必要になるので、そのときに備えてコミュニケーションを取れるようにということなのですが、その助けが必要になる状況というものは具体的に明示されませんし、そもそもこの映画ではそこは重要視されていません。どことなくキューブリックっぽい画作りとか、サウンドデザインとか、エイミーアダムスの演技とか、いや全然文句ないくらい素晴らしかったですよ。あまりSFっぽくないテーマの話なのにちゃんとSFのフォーマットで、しかも従来のいわゆるジャンルとしてのSFではない作品としてウェルメイドな作品だと思います。本編140分らしいですけど、まったく退屈せずに最後まで楽しめましたし。

 

この作品を観たあと、サピアウォーフの仮説とかを考慮しながらばかうけの話題を改めて考えると、色々感慨深いものがあるなーと思ったり。

 

あとガーディアンズオブギャラクシーリミックスの4DXも観てきました。吹き替えがそれしかなかったんで。ただまあ、久々に4DXを体験したらほとんどアトラクションでした。特に文句なく面白かったんですが、マンティスの声優さんだけちょっと浮いてたかな?まあアメコミ原作だし作品のトーンがコメディというかアニメ的ではあるからそこまでではないけれど。