dadalizerの映画雑文

観た映画の感想を書くためのツール。あくまで自分の情動をアウトプットするためのものであるため、読み手への配慮はなし。

のべばー

「ミルカ」 全体的にそれでいいのか感が。 彩度の調整とかはまともかくとして、色々と能天気な部分ががが。 BGMの使い方とかアングルとか編集とか、すごいコマーシャルっぽい。ていうかまさに伝記CMって感じなんですよね、あの感覚。 あれで最後にコカ・コー…

試写会に補欠当選したので行ってきた。あとターミネーターも観たよ

前日に「補欠当選しましたよ!」って言われて都合を付けられる自由人ってどれくらいいるのだろう、などとどうでもいいことを考えつつ「まあタダで映画観れるならそれに越したことはない」ということで試写会に行ってきました。 んで観に行ってきたのが「幸福…

スーパーマンならぬスーパーボーイ(邪悪)~I'm a bad guyを添えて~

いやあ「スーパーマン」を、しかもよりによってリチャード・ドナー版の方をあんな最悪なパロディにするとは。 というかまあ、この映画のコンセプト自体がスーパーマンの裏返しなわけなので筋は通ってるんですけど、にしてもあの空中ランデブーの背景との浮き…

試写会 だよファイティング・ファミリー

最近は内向きな感じの本ばかり読んでいたのもあって、こういう自分の全く知らない界隈でてらいのないサクセスストーリーが描かれた映画を観ると開放感がある。 WWEは名前だけは知ってましたし、ロック様ことドウェイン・ジョンソンの経歴も知ってはいました…

アクチャブリー

「外人部隊フォスター少佐の栄光」 これブラッカイマーってマジですか。 何か今のブラッカイマーの仕事からだとあまり結びつかないタイプですな。最後の戦闘シーンはそれっぽい気もしますけど。 「Ainu | 人」 このドキュメンタリーで出てくる差別を受けてき…

ロボット2.0 試写会

というわけで「ロボット2.0」の試写会に行ってきました。 1作目が確か2010年とかだった気がするので、ほとんど10年ぶりの新作ですか。お話の内容は細かく覚えていないんですけど、ひたすらCGを使ってあほらしい映像を見せてくれる楽しい映画だったような気が…

復讐するは彼にあり

てか公開遅すぎ、日本だけ。そのくせ「ジョーカー」に被せてくるとか大丈夫か配給は。 「通例、世界同時公開や本国同時公開が行われるのはワーナー、ディズニー、ソニー、フォックス、ユニバーサル(東宝東和)、パラマウント(東和ピクチャーズ)など日本に…

嘘つきはジョーカーの始まり。笑いで世界を吹き飛ばせ

やっぱり、どう足掻いてもバットマンとジョーカーは切り離せないんだなぁ。バットマン出てこないけど。 何気にこのままDCユニバースに食い込んでも実はそこまで問題はなさそうでもあるというバランスの(時系列はよくわからないけど)「ジョーカー」。 この…

Q月

「アンロック/陰謀のコード」 リアル路線かと思ったら全然そんなことなかった。 有能ではないキャラクターを配置する(というか話の展開のさせ方がキャラクターを無能に見せている)ことで物語を展開させていく、というのが一昔前の連続ドラマっぽいというか…

男ですもの 女なんだよ 人間だもの(読み人知らず)

さーせん、先に断っておきます。 書きたいことをつらつら長々と7時間にわたって書いたせいで10000字をオーバーした上、推敲の体力が尽きていつも以上に雑然としたまま投稿してしまったので「来いよベネット! 時間なんて捨ててかかってこい!」という人だけ…

SF好き文系アニオタが考える理想の恋愛シミュレーション映画

気づいたら2週間以上も劇場に足を運んでいなかった。 何かそういう気分にならなかったから、という程度のことでしかないのだけれど、まあ8月に毎日1本最低でも映画を観るというようなことをやっていた反動なのかな、と思ったり。 ていうか観たい映画の数に対…

尿意との闘い

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観る。 面白かった。面白かったんだけど、長い。ブラピがヒッピー村に行くあたりから尿意を催して正直「映画を観る」というよりも「トイレ行きたい」という生理的欲求が勝ってしまいまして・・・楽しみ切…

引っ越し大名

観てきた。タダ券もらったので。もらってなかったら、多分観に行ってなかっただろうなーとは思ったので、こういう機会で観れたのは良かった。 楽しかったし。 しかし金持っていくの忘れてパンフレット買えなかったのはちょっとショック。 個人的に、時代劇も…

ハッチ月

「100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた! 」 まさかこんな醜悪な世界があるとは思わなんだ。 原題は「UP foR GRABS」でチャンスは誰にでもある、といったようなニュアンスのイディオムなんですね、これ。うん。邦題のセンスはまさに馬鹿その…

急遽決まった試写会

に行ってきました。「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」 いやほんとダメもとで応募したのでまったく予定にはなかったんですけど、ただで映画を観れる機会なので行かねばならぬと。 日本語吹き替え完成披露試写会ってことで日本語吹き替えだったんです…

ハレ・ハレ・愉快な映画「溺れるナイフ」

本当は8月のまとめにいれようと思ったんですけど、8月は毎日一本映画を観るという夏休みの宿題を課していて、そのせいで量が多くなってしまったので、この映画を単独記事としてポストいたしました。 あとすごくどうでもいいことなんですが、4月に和歌山に一…

オンライン試写

オンライン試写会という奴に当たったので、家で映画を観る。 今回のは7分ほどの短編と長編1本というプログラムでござんした。まあ映画館で観るのとでだいぶ印象は変わると思うのだけれど、手間はかからないから楽ではある。 短編「くじらの湯」 短編アニメー…

吉岡里帆+座頭市+中堅ハチ公な試写会

もちろん半分冗談ではあるんですけど、座頭市に限らず盲目の方というのはやたらと超人的に描かれがちで(多分、感覚的に視覚的健常者の理解を超えているからだろうけど)はあるんですけど、トゥデイ本日今日の完成披露試写会で観賞いたした映画も、超人とま…

処女ティモシー

エロい、カッコイイ、可愛い、最強エトセトラエトセトラ。 およそ考えつく容姿にまつわる肯定的な表現をわがものとしたことで有名なティモシー・シャラメを初体験してきました。いわゆる処女シャラメです。 と思ったら「インターステラー」でケイシー・アフ…

水没している街は好きなのであの二人には末永く爆発しておいてほしい

個人的にはね。晴れよりも雨の方が好きなんですよ。ていうか、晴れって雨が明けるからこそ価値があるわけで。この映画はともかく、普段は晴れていることにそこまで思いをはせないでしょ、みんな。実際、雨→晴れるという一瞬で移り変わるところにセンスオブワ…

退屈でごわす

ワイスピ新作ってことで一応観に行ったんですけど、シリーズで一番退屈でした。 いや、もう特に書くことはないんですけどね。これに関しては。 「デッド・プール2」「アトミック・ブロンド」のデヴィッド・リーチだったんですね、これ。 ライアン・レイノル…

南北リターンズ 再開の時 ~「北風」小デブの金正日~

韓国映画を劇場で観るのは久しぶり。 そんなわけで「工作 黒金星と呼ばれた男」。 いやぁ政治をメインに扱った映画としては抜群の楽しさでございますよ、これ。 史実ベースということもあり、主要5科目において赤点ないし限りなくそれに近い点数を取り続け、…

第七間隔

「2つの頭脳を持つ男」 色々とぶっ飛んでる。 やってることはバカ殿様と大差ないんだけど、倫理観とかガン無視してマッドな方向に突き進むのは面白い。 下ネタだらけだし、細かいボケの感じとかほんとにコント番組のコントそのものなので、あまり映画を観て…

玩具物語EP4:ウッディの解放

そういうわけでここ最近やたらと続編製作意欲を見せ始めたディズニー・ピクサーの新作を観てきましたよ。 「トイ・ストーリー4」を。 トイ・ストーリーにはそんなに思い入れがあるわけではない。これまでのシリーズにしても、一作たりとも劇場で観てないし。…

美しき兄弟愛(ただし当人たちにのみ理解可能)

ずっと気になってた(といってもここ数ヶ月だけど)「カニバ/パリ人肉事件38年目の真実」を観てきましたですよ。 アルバトロスでもトランスフォーマーでも配給できなかったらしい、というくらいなのですが、まあわからないでもない。東京ですら1館でしか上映…

蜷川ファミリー劇場に迷い込んだ大馬鹿な子

平山夢明原作と聞いて観に行ってきました「ダイナ―」。 まああの変な人の作品は実のところ一作しか読んでなくて、それが滅茶苦茶面白かったのと、過去の作品の書評を読んでるとずっと同じタイプの小説を書いてきたのかと思ったので「ダイナ―」もそういうタイ…

アラバマストーリー

「アラバマ物語」 7月のまとめにぶっこむつもりが文章量多くなったので単独ポスト。本当に考えなしですね、私・・・。 あらすじをちょろっと読んでから観たので、てっきり法廷ものかと思ってたら予想と全然違ってちょっと面食らいました。 でもこれ、黒人差…

6月

「ピーター・ラビット」 公開当時の評判がよく分かった。吹き替えで観たんですけど千葉くんのピーターも小生意気(ってレベルじゃないけど)さが出ていてかなりはまり役ではなかろうか。繁の方の千葉さんも鶏のやかましいイメージにピッタリで笑ってしまいま…

またトニー・スタークですか

そういえばMCUの吹き替えを劇場で観るのは初めてでした。 劇場で観たのは、ってだけでMCUの吹き替え自体は何回も観ているので既存の吹き替えキャストにはこれといって文句はなし。ただ今回、ネッドの恋人であり元恋人になるベティの声はちょっとアニメ声すぎ…

【ハートフル】この世のすべてはあなたを追い詰めるためにある【ボッコ】

けれど救いはないわけではないのかもしれない。というバランス。 白石監督(和彌の方ね)の新作「凪待ち」の試写会に行ってきました。 ネタバレを気にするようなタイプではありませんが、一応公開前の作品につきネタバレ食らいたくない人は読まんといてくらは…